木造技術を究める大工職たち

header表紙最新情報佐藤秀の社寺建築の特長佐藤秀からのご提案施工実績写真集お問合せ
佐藤秀の社寺建築 表紙頁へ
表紙 > 特長 > 木造技術を究める大工職たち




大工道具/墨壷(すみつぼ)と墨刺(すみさし)

大工職の育成

佐藤秀は、自社に木造技能チームを組織し、独自に社員として大工職を育成しています。これは、木造技術の品質確保にこだわった創業者・佐藤秀三が、大工の技能を高めるために始めた制度です。総合建設会社となった今日でも、佐藤秀のユニークな特長として継続されています。

[主要公的資格取得者]
木造建築士  1名
  日本伝統建築技能者  5名
  一級建築大工技能士 12名
  二級建築大工技能士  4名
  木造技術を究める大工職たち

木造技術を究める大工職たち 木造技術を究める大工職たち 木造技術を究める大工職たち


木造技術へのこだわり

   
生涯、木を愛し、晩年になっても自ら山へ出向いて立木を指定し、自ら皮をはぎ、手斧を使って形を整え、使用箇所まで指定した佐藤秀三。佐藤秀の木造技術へのこだわりの原点が、ここにあります。大工職は、この精神と技術継承の象徴として、佐藤秀の社寺建築において重要な役割を果たしています。



  木材にこだわり続けた在りし日の佐藤秀三右端が佐藤秀三

   
大工道具/指矩(さしがね)、釿(ちょうな)、墨壷(すみつぼ)、墨刺(すみさし) 大工道具/鉋(かんな)

大工職が手がけた木造建築

  特長に戻る


表紙頁に戻る お問合せサイトマップ
   

Copyright(c) SATOHIDE CORPORATION All rights reserved.

佐藤秀の企業サイトへ移動