施工実績写真集

表紙 > 施工実績写真集 > 寺院 客殿・庫裡 > 大圓寺

 

 

写真撮影:有限会社バウハウスネオ

 

  大圓寺(天台宗)

 所在地 東京都目黒区

 設計・監理

佐藤秀一級建築士事務所

 工事内容

客殿・庫裡新築

 構造

鉄筋コンクリート造

 竣工年

平成2年

 コメント

天台宗延暦寺派の松林山大圓寺は、湯殿山の修験僧であった大海法師により、寛永元年(1624年)に開山され、徳川家康から「大圓寺」の商号を与えられました。この寺院に多くの行人(修行者)が住んでいたことから名前のついた、「行人坂」という急な坂の途中に位置しています。
明和9年(1772年)2月29日に、大圓寺本堂から放火により出火した火事で、江戸600余町が焼き尽くされました。これが江戸三大大火の一つである「明和の大火」 (行人坂の大火)といわれるもので、以後嘉永元年(1848年)まで再建が禁じられていました。大火の犠牲者の霊を供養するために、境内には五百羅漢像が安置されています。

佐藤秀は、こちらの客殿・庫裡を設計・施工させて頂きました。

大圓寺の公式ホームページはこちらです新規ウィンドウで開く

  前へ戻る
写真集 扉頁に戻る
 
  表紙頁に戻る   お問合せ
サイトマップ
 

Copyright(c) SATOHIDE CORPORATION All rights reserved.

佐藤秀の社寺建築 表紙頁へ 佐藤秀の企業サイトへ移動