施工実績写真集

表紙 > 施工実績写真集 > 寺院 その他 > 東長寺 多宝塔
東長寺 多宝塔 外観


写真撮影:株式会社佐藤秀

 

  東長寺 多宝塔(曹洞宗)

 所在地 東京都新宿区四谷

 設計・監理

角谷清/マニフィールド

 工事内容

多宝塔新築

 構造

鉄筋コンクリート造

 竣工年

平成12年

 コメント

萬亀山東長寺は、文禄三年(1594年)に開創された曹洞宗の禅寺です。江戸時代、諸藩の武士たちが参禅して修養を積むための学問寺として、重要な役割を果たしてきました。
明治元年の火災、さらに東京大空襲により、伽藍は大きな被害を受けましたが、歴代ご住職と檀信徒の皆様のご尽力により順次再建され、開創400年記念事業において現在の現代的な新伽藍を建立されました。
当社はその中の多宝塔新築(写真)と寺務所棟増築の施工を担当させていただきました。

東長寺の公式Facebookはこちらです新規ウィンドウで開く

  前へ戻る
写真集 扉頁に戻る
 
  表紙頁に戻る   お問合せ
サイトマップ
 

Copyright(c) SATOHIDE CORPORATION All rights reserved.

佐藤秀の社寺建築 表紙頁へ 佐藤秀の企業サイトへ移動